スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントのロスト(脱落)

インプラントロスト脱落)について
インプラント脱落については、様々なデータがあります。データ的にはインプラントを200本埋め込むと5本は定着せずに脱落してしまいます。インプラントロストの原因として考えられるのは、1歯周病等の歯の病気感染です。2上部構造、つまり、歯肉の上に出ている人工の歯に対する過重負担です。3やけど、インプラントを埋め込む時に、歯の骨にドリルで穴を空けますが、その穴あけの際の発熱によるやけどでインプラントが定着しない場合があります。ですから、インプラントに接する歯骨をドリリングする時は、低速でドリルを回転させてできるだけ高温にならないようにする必要があります。インプラント周囲炎は、インプラントが脱落する一番の原因です。インプラントも本物の歯と同じように歯周病に感染することがあります。そうすると、インプラント本体はチタンですから大丈夫ですが、インプラントと結合している本物の歯骨が歯周病になってしまいます。インプラントを入れて定期的な検診やケアをしないで放置していますと、歯周病によってインプラントが脱落してしまう可能性が高くなります。これを予防するには、先ほども書きましたが、定期検診と歯周病にならないようなケアが一番です。チタンでできているインプラント自体は半永久的ですが、人間の骨は感染したり、年齢の経過によって衰えます。インプラントの寿命はについては、インプラントがある程度普及してから40年経ちますので、平均的なデータはあります。ただし、インプラントを装着した個々の人のインプラントの寿命は、それぞれの個人の遺伝的性質やライフスタイル(生活習慣ですね)に大きく左右されます。平均寿命は分かっていても、個々人が平均まで生きるかどうかはわからないのと同じです。
スポンサーサイト

TAG : インプラント ロスト 脱落

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。