スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント治療と医療費控除

インプラント治療による治療費や診査費は医療費控除の対象となります。
インプラント治療をした場合は、医療費控除の確定申告をしてください。インプラント治療費が30万円であったとしたら、確定申告をすることによって、少なくとも2万円、インプラント治療費が50万円であったとしたら、少なくとも4万円は所得税が還付されます。
医療費控除とは自分自身や自分の家族が、1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が10万円を超える場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。医療費控除は、所得金額から医療費控除の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。医療費控除は、本人の医療費だけでなく、家計が同じなら配偶者や親族の医療費も対象となります。また、共働きの夫婦の場合で、妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できますから、収入の多い方で医療費控除の確定申告を行えば、それだけ戻ってくる金額が多くなります。医療費控除の対象となる医療費とは、納税者本人又は本人と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費である事。その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費である事。が必要です。 控除を受けるための手続は、医療費控除の確定申告書を提出してください。その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も必要です。
医療費控除を受けて還ってくる金額は、(医療費の合計額-保険金などで補てんされる金額)-10万円(または、所得金額の5パーセントのうち多い方)=医療費控除額です。
病院までの交通費も控除の対象となるので、日時・病院名・交通費・理由をメモしておくことや、医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、領収書等は大切に保管しておくことも必要です。ただし、車で通った場合の駐車場代やガソリン代は控除の対象となりません。 控除できる金額の上限は200万円までです。
スポンサーサイト

TAG : インプラント 医療費

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。