スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントとは?

インプラントに関する口コミ情報をお届けします。
第1回は、インプラントとは?です。
インプラントとは別名でデンタルインプラントともいいますが、歯が抜けて無くなった部分を治療修復する最新の歯科技術です。最近インプラントって良く聞きませんか?バスや電車にもインプラントの広告がよく載っていますよ。インプラント療法は、メディアでも画期的な技術ということで紹介もされています。でも、インプラントって何?という人も多いですよね。インプラントとは、平たく言いますと、歯の抜けた後に、チタンで出来たネジを歯の骨に埋め込んで、そのネジの上部で歯肉の上に出た部分にセラミックなどでできた人造の歯をかぶせる技術です。歯の骨に埋め込んである部分をインプラント体(歯根部) といい、歯肉の上に出た部分をアバットメント(支台部)といいます。でも、こんな専門用語は覚える必要なんてないですね。白い歯の素材としては、内側の見えない部分には金属を使ったメタルボンドと、セラミックだけでできているオールセラミックスなどがあります。前歯などは、金属を使わないオールセラミックスの方が、より天然歯に近くなります。値段は勿論オールセラミックスの方が高いです。そもそもインプラントという技術は、1952年に現在のインプラント治療方法の主流である、インプラント体(歯根部) とアバットメント(支台部)に使用されているチタンが、骨と結合することが発見されてからです。人間にとっては、食べるという行為は生存のための絶対条件です。そしてそのためには歯が欠かせません。インプラントによって歯肉と一体になった歯で食べることができるようになったんですね。

スポンサーサイト

TAG : インプラント セラミック チタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。