スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント治療医、医院の注意事項

インプラント治療医、医院の注意事項
インプラントの治療は、普通の治療と違います。普通の治療なら、近い、早い、安い、が一番ですね。しかし、そのように簡単に考えていると大金を無駄にしてしまいますよ。なんといっても、インプラントには30万~50万円のお金がかかるのです。インプラントは、きちんと手入れさえすれば、死ぬまで使えるんです。ですから、安全で確実以外にも、自分が見ても他人が見ても本物の歯に見え、顔のラインも不自然でないことが一番です。インプラントが埋めてあるのが分かるようなインプラント治療では失敗です。インプラントの治療は、必ず実績のある歯科医師にしてもらいましょう。優秀な歯科医師は、常に技術を磨き、最新の情報と知識を収集しています。インプラントの実績のある歯科医師であっても、インプラントの治療代金がそれほど変わるわけではないのです。
インプラント治療を受ける際の注意事項です。
まず、インプラントの治療を受ける際は、必ず診療開始時間に合わせて、朝一番がベストです。仕事をしているサラリーマンなら有給休暇を取って行きましょう。仕事を終えて、夕方行くのはいけません。夕方は患者さんで込んでいますし、歯科医師も一日の疲れが出る時間帯です。予約の関係などで充分な診察ができない場合もあります。また、インプラント治療は熟練した歯科医師がいいですのです。インプラント治療は、どこの歯科医院でも受けられる一般的な治療ではありません。特殊な治療なのです。できれば、インプラント治療を年間100以上実施している歯科医師が望ましいですね。インプラントの治療回数の少ない歯科医院では、必要な機材やインプラントのスペア等の在庫が無い場合もあります。そして、インプラント治療を行う医院には、専属の歯科技工士がいた方が安心です。歯科技工士は、歯の型を取ってインプラントの人工の歯の部分を作りますが、これには精度と熟練を要します。特にインプラント治療の回数をこなしている医院には熟練した歯科技工士がいます。精度が悪いと、人工の歯が脱落したり固定ネジが緩んだりします。できれば、保険治療が主体の歯科医院ではなくて、保険外のインプラント治療が主体の歯科医院のほうがいいですね。
スポンサーサイト

インプラント治療が適合する人しない人

インプラント治療が適合する人しない人

インプラントによって顔のラインが美しく見せられたり、インプラントの方がが耐久性や美しさがあっても、誰でもインプラント治療が適合する訳ではありません。インプラント治療は、れっきとした歯の手術ですから、例えば、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてから間もない人などは、手術はできません。また、手術による出血がありますので、糖尿病や血液疾患のある人には、インプラントはできないのです。病気のある人は手術に耐えられるかどうかを、主治医の先生に相談してください。その際に、病気の治療をしている医師と、インプラント治療を受けようと思っている歯科医師のどちらに相談するべきでしょうか?それは、インプラント治療を受けようと思っている歯科医師ではなくて、病気の治療をしている医師に、インプラント治療を受けてもいいかどうかと、相談して見てください。一方、インプラント治療に適合している人は、そういった病気が無くて、入れ歯や差し歯が動いたり、よく外れる人なのです。また、入れ歯の着脱が面倒な人や、入れ歯や差し歯では歯ぐきが痛んでものを良く噛めない人や硬いものが食べられない人などです。こういった人は、歯のかみ合わせなどが合っていないのです。その点インプラントは歯や口、顔の形に合った手術を行いますので、インプラントの方が快適な食生活を送ることが出来ます。

インプラント治療医の探し方

インプラント治療医の探し方

高度先進医療であるインプラント治療ではインプラント治療が完結するまでに、何ヶ月もかかることがあります。インプラントで歯科医院に通う回数は、最短で3回程度の場合もありますが、これは症状によってもかわります。出来る限り、経験豊富な歯科医師を選ぶことが賢明です。小さなクリニックによっては非常勤の医師がインプラント治療を行う場合もありますので、注意が必要です。必ず、担当歯科医師の確認をしておきましょう。しかし、大規模な歯科医院の場合は、逆に担当医が良く替わったり、研修医や若い歯科医師のトレーニングの対象になってしまう場合があります。高いお金を出してインプラント治療をするのですから、後悔しないようにしましょう。経験豊富な歯科医師かどうかを調べる方法があります。インターネットで検索するのです。「インプラント○○○○」とか、「インプラント治療○○○○」とか、「インプラント 専門 ○○○○」で検索してみてください。インプラントで実績のある歯科医師なら出てきますよ。

TAG : インプラント 治療医

インプラントの咬み合わせと補正

インプラントの咬み合わせと補正
本物の歯とインプラントの一番の違いはクッションの有無です。本物の歯の場合は、歯の根と骨の間に歯根膜という膜があるため、咬み合わせをした際に30μm沈みます。この膜がクッションです。インプラントの場合は、このクッションがなく、インプラント体が骨に直接固定されていますので、5μm位しか沈みません。そのため、本物の歯と同じ程度の咬み合わせの圧力を与えるとインプラントに過重の負荷がかかります。そうなりますと、補綴物の破損やインプラントのロストなどの問題が起きます。そのためインプラントの咬合調整は膜がない事を考慮して、本物の歯よりクッション分として25μm程度低く調整します。インプラントを臼歯部分で3本並べて埋め込む場合は、一本を2~3ミリ横にずらして埋め込みますと、圧力が分散されます。このインプラントの埋め込み方をオフセット配列と呼びます。さて、咬み合わせの考え方としては、前歯は臼歯が完全に沈下した時点で初めて前歯部分が接触する咬み合わせがいいとされています。臼歯部分の歯根膜による沈下量は、30μmですから上下歯で合計60μmとなりますが、前歯部分にも歯根膜がありますから補正されます。本物の歯の場合でもインプラントの場合でも、臼歯が軽く咬み合う際に前歯部分が30μm開いていないといけません。ですからインプラントの場合は、膜がない分前歯部分を調整する時は60μm開かせることが必要なのです。

インプラントのロスト(脱落)

インプラントロスト脱落)について
インプラント脱落については、様々なデータがあります。データ的にはインプラントを200本埋め込むと5本は定着せずに脱落してしまいます。インプラントロストの原因として考えられるのは、1歯周病等の歯の病気感染です。2上部構造、つまり、歯肉の上に出ている人工の歯に対する過重負担です。3やけど、インプラントを埋め込む時に、歯の骨にドリルで穴を空けますが、その穴あけの際の発熱によるやけどでインプラントが定着しない場合があります。ですから、インプラントに接する歯骨をドリリングする時は、低速でドリルを回転させてできるだけ高温にならないようにする必要があります。インプラント周囲炎は、インプラントが脱落する一番の原因です。インプラントも本物の歯と同じように歯周病に感染することがあります。そうすると、インプラント本体はチタンですから大丈夫ですが、インプラントと結合している本物の歯骨が歯周病になってしまいます。インプラントを入れて定期的な検診やケアをしないで放置していますと、歯周病によってインプラントが脱落してしまう可能性が高くなります。これを予防するには、先ほども書きましたが、定期検診と歯周病にならないようなケアが一番です。チタンでできているインプラント自体は半永久的ですが、人間の骨は感染したり、年齢の経過によって衰えます。インプラントの寿命はについては、インプラントがある程度普及してから40年経ちますので、平均的なデータはあります。ただし、インプラントを装着した個々の人のインプラントの寿命は、それぞれの個人の遺伝的性質やライフスタイル(生活習慣ですね)に大きく左右されます。平均寿命は分かっていても、個々人が平均まで生きるかどうかはわからないのと同じです。

TAG : インプラント ロスト 脱落

インプラント治療の術式

インプラント治療の術式
インプラント治療の方法は、1回法と2回法があります。最近はインプラントの材質や術式の改良によって初期固定が格段に良くなりましたので、インプラントの定着率が1回法と2回法での差異がほとんどありません。インプラント治療により慎重繊細さが要求される場合や、インプラント埋め込みの際にGBR等の歯骨の増生手術を同時に行う場合は2回法が行われています。その他の場合は、インプラント治療は1回法がほとんどです。1回法の場合は即日仮歯を入れることができるメリットがあります。ただし、規模の小さい歯科医院では、対応できるインプラントの種類が少ないので、その歯科医院で対応しているインプラントの種類で術式が決まる場合も多いのが実情です。
1回法の場合は、インプラントを埋入する部分の歯肉を剥離し、歯骨をドリリングしてフィクスチャーを埋め込み、アバットメントもしくは高さのないヒーリングアバットメントをフィクスチャーに連結します。 オッセオインテグレーション(インプラントが骨にしっかりと固定された状態)した時点でアバットメント、ヒーリングアバットメントを入れてた場合はアバットメントに交換してから最終補綴物を被せます。2回法の場合は、1回目がインプラントを埋入する部分の歯肉を剥離し、歯骨をドリリングしてフィクスチャーを埋め込み、フィクスチャーのネジ穴の部分をカバースクリューで蓋をして、剥離した歯肉を閉じます。オッセオインテグレーション(インプラントが骨としっかりと固定された状態)した時点で2回目の手術を行います。 2回目の手術は、歯肉を再度剥がしてカバースクリューを外し、ヒーリングアバットメントと交換してから歯肉を閉じます。2回目の手術は、1回目から1ヶ月程度空けて、歯肉の形が整った段階でヒーリングアバットメントをアバットメントと交換して最終補綴物を被せます。

TAG : インプラント アバットメント

インプラント治療と医療費控除

インプラント治療による治療費や診査費は医療費控除の対象となります。
インプラント治療をした場合は、医療費控除の確定申告をしてください。インプラント治療費が30万円であったとしたら、確定申告をすることによって、少なくとも2万円、インプラント治療費が50万円であったとしたら、少なくとも4万円は所得税が還付されます。
医療費控除とは自分自身や自分の家族が、1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が10万円を超える場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。医療費控除は、所得金額から医療費控除の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。医療費控除は、本人の医療費だけでなく、家計が同じなら配偶者や親族の医療費も対象となります。また、共働きの夫婦の場合で、妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できますから、収入の多い方で医療費控除の確定申告を行えば、それだけ戻ってくる金額が多くなります。医療費控除の対象となる医療費とは、納税者本人又は本人と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費である事。その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費である事。が必要です。 控除を受けるための手続は、医療費控除の確定申告書を提出してください。その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も必要です。
医療費控除を受けて還ってくる金額は、(医療費の合計額-保険金などで補てんされる金額)-10万円(または、所得金額の5パーセントのうち多い方)=医療費控除額です。
病院までの交通費も控除の対象となるので、日時・病院名・交通費・理由をメモしておくことや、医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、領収書等は大切に保管しておくことも必要です。ただし、車で通った場合の駐車場代やガソリン代は控除の対象となりません。 控除できる金額の上限は200万円までです。

TAG : インプラント 医療費

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリット
歯が抜けた場合の治療法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。違和感というものは、どの治療方法でも最初は必ずありますが、歯の神経は鈍感ですので、すぐに違和感はなくなります。入れ歯、ブリッジとインプラントの一番の違いは健康保険が適用されるかどうかです。健康保険の範囲内で歯の治療をしようとすれば、入れ歯かブリッジになります。一方で、健康保険の適用外でも構わないとなれば、歯科医はインプラントを薦めます。その理由は、勿論インプラントの方が利益も大きいですし、患者さんにとってもメリットがあるからです。入れ歯かブリッジですと、口もとの表情が変わったり、食感や味覚が変わったり味気なくなったりします。そして、加齢による歯肉の衰えや、金属の変形・劣化により、作り直しも必要になります。 人工歯根を使うインプラントであれば、そうした問題は解決されます。 口もとの表情が変わらず、時間の経過とともにチタンと歯骨の結合により自分の歯として使うことができます。 ここで、メリットとデメリットを比較しましょう。 メリットは、噛み合わせが持続し、総入れ歯よりも噛む能力を回復できます。自然の歯に近い機能が期待できます。適切なケアをすれば充分長持ちします。万一抜け落ちてしまっても付けなおせます。取り外しの必要がない。違和感がない。インプラントが顎の骨に直接力を加えるので、顎の骨が痩せるのを防げる。 デメリットは、費用がかかる。

TAG : インプラント

インプラントの費用

インプラント費用
インプラントによる、手術治療は健康保険の適用がありません。ですから、全額自費になります。インプラント手術治療の費用の内訳は、精密検査、手術、インプラント、上部構造(人工の歯)を全て含んで考えなければなりません。具体的な金額は、インプラントの本数、上部構造(人工の歯)の種類(オールセラミックか、ハイブリッドセラミックか、メタルボンドかなど)、歯科医師と歯科技工士の腕や経験、一人の患者さんにかける治療時間、歯科医院の土地代や家賃、保証期間の有無期間、人件費などによって変わってきます。大体の相場で言いますと、インプラント1本で30万円程度です。この金額にはかなりバラつきがあります。20万円~60万円までの幅があります。その違いは上記の理由によるものです。つまり、自由診療ですから、自信のある歯科医院は高い技術料を取りますし、材料の種類によっても金額は大きく変わります。また、インプラント1本といっても、インプラント本体と人工の白い歯を合わせて1本なのか。インプラント本体のみで1本なのか、によって違います。
インプラントには健康保険は適用されませんが、医療費控除は適用されます。医療費控除によって、インプラント治療の費用が控除されます。確定申告をすればお金が一部戻ってきます。 控除額の上限は200万円までです。

TAG : インプラント 費用

インプラントの耐久性

インプラントってどのくらいもつんでしょうか?
インプラントの主な構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)です。この両方ともチタンまたはチタン合金でできています。チタンは非常に耐久性に優れた金属ですから、通常の使用で壊れることはありません。歯骨に埋め込んだインプラント自体の耐久性は、長期間に渡って安定した状態を保っています。チタンは、骨との親和性が極めて高く、骨の中に埋め込まれて時間が経過すると、インプラント体の回りに新しい骨の組織ができてきます。これによって、インプラント体と歯骨が結合します。また、チタンは表面が酸化チタンの膜で覆われています。この膜によって内部の金属の腐食が防がれるのです。
ただし、人工歯の部分である白い素材は、内側に金属の裏打ちのあるメタルボンドやセラミックでできていますので、非常に硬いものを食べた際に欠ける可能性はあります。また、歯周病によって、インプラント体(歯根部)の土台となっている歯骨が侵されてしまったり、溶けてしまったりしますと、インプラント体を支えることができなくなってしまいます。ですから、何よりも定期的な歯科検診が重要です。

TAG : インプラント チタン

インプラントとは?

インプラントに関する口コミ情報をお届けします。
第1回は、インプラントとは?です。
インプラントとは別名でデンタルインプラントともいいますが、歯が抜けて無くなった部分を治療修復する最新の歯科技術です。最近インプラントって良く聞きませんか?バスや電車にもインプラントの広告がよく載っていますよ。インプラント療法は、メディアでも画期的な技術ということで紹介もされています。でも、インプラントって何?という人も多いですよね。インプラントとは、平たく言いますと、歯の抜けた後に、チタンで出来たネジを歯の骨に埋め込んで、そのネジの上部で歯肉の上に出た部分にセラミックなどでできた人造の歯をかぶせる技術です。歯の骨に埋め込んである部分をインプラント体(歯根部) といい、歯肉の上に出た部分をアバットメント(支台部)といいます。でも、こんな専門用語は覚える必要なんてないですね。白い歯の素材としては、内側の見えない部分には金属を使ったメタルボンドと、セラミックだけでできているオールセラミックスなどがあります。前歯などは、金属を使わないオールセラミックスの方が、より天然歯に近くなります。値段は勿論オールセラミックスの方が高いです。そもそもインプラントという技術は、1952年に現在のインプラント治療方法の主流である、インプラント体(歯根部) とアバットメント(支台部)に使用されているチタンが、骨と結合することが発見されてからです。人間にとっては、食べるという行為は生存のための絶対条件です。そしてそのためには歯が欠かせません。インプラントによって歯肉と一体になった歯で食べることができるようになったんですね。

TAG : インプラント セラミック チタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。