スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラントの咬み合わせと補正

インプラントの咬み合わせと補正
本物の歯とインプラントの一番の違いはクッションの有無です。本物の歯の場合は、歯の根と骨の間に歯根膜という膜があるため、咬み合わせをした際に30μm沈みます。この膜がクッションです。インプラントの場合は、このクッションがなく、インプラント体が骨に直接固定されていますので、5μm位しか沈みません。そのため、本物の歯と同じ程度の咬み合わせの圧力を与えるとインプラントに過重の負荷がかかります。そうなりますと、補綴物の破損やインプラントのロストなどの問題が起きます。そのためインプラントの咬合調整は膜がない事を考慮して、本物の歯よりクッション分として25μm程度低く調整します。インプラントを臼歯部分で3本並べて埋め込む場合は、一本を2~3ミリ横にずらして埋め込みますと、圧力が分散されます。このインプラントの埋め込み方をオフセット配列と呼びます。さて、咬み合わせの考え方としては、前歯は臼歯が完全に沈下した時点で初めて前歯部分が接触する咬み合わせがいいとされています。臼歯部分の歯根膜による沈下量は、30μmですから上下歯で合計60μmとなりますが、前歯部分にも歯根膜がありますから補正されます。本物の歯の場合でもインプラントの場合でも、臼歯が軽く咬み合う際に前歯部分が30μm開いていないといけません。ですからインプラントの場合は、膜がない分前歯部分を調整する時は60μm開かせることが必要なのです。
スポンサーサイト

インプラント治療の術式

インプラント治療の術式
インプラント治療の方法は、1回法と2回法があります。最近はインプラントの材質や術式の改良によって初期固定が格段に良くなりましたので、インプラントの定着率が1回法と2回法での差異がほとんどありません。インプラント治療により慎重繊細さが要求される場合や、インプラント埋め込みの際にGBR等の歯骨の増生手術を同時に行う場合は2回法が行われています。その他の場合は、インプラント治療は1回法がほとんどです。1回法の場合は即日仮歯を入れることができるメリットがあります。ただし、規模の小さい歯科医院では、対応できるインプラントの種類が少ないので、その歯科医院で対応しているインプラントの種類で術式が決まる場合も多いのが実情です。
1回法の場合は、インプラントを埋入する部分の歯肉を剥離し、歯骨をドリリングしてフィクスチャーを埋め込み、アバットメントもしくは高さのないヒーリングアバットメントをフィクスチャーに連結します。 オッセオインテグレーション(インプラントが骨にしっかりと固定された状態)した時点でアバットメント、ヒーリングアバットメントを入れてた場合はアバットメントに交換してから最終補綴物を被せます。2回法の場合は、1回目がインプラントを埋入する部分の歯肉を剥離し、歯骨をドリリングしてフィクスチャーを埋め込み、フィクスチャーのネジ穴の部分をカバースクリューで蓋をして、剥離した歯肉を閉じます。オッセオインテグレーション(インプラントが骨としっかりと固定された状態)した時点で2回目の手術を行います。 2回目の手術は、歯肉を再度剥がしてカバースクリューを外し、ヒーリングアバットメントと交換してから歯肉を閉じます。2回目の手術は、1回目から1ヶ月程度空けて、歯肉の形が整った段階でヒーリングアバットメントをアバットメントと交換して最終補綴物を被せます。

TAG : インプラント アバットメント

インプラントの耐久性

インプラントってどのくらいもつんでしょうか?
インプラントの主な構造は、アバットメント(支台部)とインプラント体(歯根部)です。この両方ともチタンまたはチタン合金でできています。チタンは非常に耐久性に優れた金属ですから、通常の使用で壊れることはありません。歯骨に埋め込んだインプラント自体の耐久性は、長期間に渡って安定した状態を保っています。チタンは、骨との親和性が極めて高く、骨の中に埋め込まれて時間が経過すると、インプラント体の回りに新しい骨の組織ができてきます。これによって、インプラント体と歯骨が結合します。また、チタンは表面が酸化チタンの膜で覆われています。この膜によって内部の金属の腐食が防がれるのです。
ただし、人工歯の部分である白い素材は、内側に金属の裏打ちのあるメタルボンドやセラミックでできていますので、非常に硬いものを食べた際に欠ける可能性はあります。また、歯周病によって、インプラント体(歯根部)の土台となっている歯骨が侵されてしまったり、溶けてしまったりしますと、インプラント体を支えることができなくなってしまいます。ですから、何よりも定期的な歯科検診が重要です。

TAG : インプラント チタン

インプラントとは?

インプラントに関する口コミ情報をお届けします。
第1回は、インプラントとは?です。
インプラントとは別名でデンタルインプラントともいいますが、歯が抜けて無くなった部分を治療修復する最新の歯科技術です。最近インプラントって良く聞きませんか?バスや電車にもインプラントの広告がよく載っていますよ。インプラント療法は、メディアでも画期的な技術ということで紹介もされています。でも、インプラントって何?という人も多いですよね。インプラントとは、平たく言いますと、歯の抜けた後に、チタンで出来たネジを歯の骨に埋め込んで、そのネジの上部で歯肉の上に出た部分にセラミックなどでできた人造の歯をかぶせる技術です。歯の骨に埋め込んである部分をインプラント体(歯根部) といい、歯肉の上に出た部分をアバットメント(支台部)といいます。でも、こんな専門用語は覚える必要なんてないですね。白い歯の素材としては、内側の見えない部分には金属を使ったメタルボンドと、セラミックだけでできているオールセラミックスなどがあります。前歯などは、金属を使わないオールセラミックスの方が、より天然歯に近くなります。値段は勿論オールセラミックスの方が高いです。そもそもインプラントという技術は、1952年に現在のインプラント治療方法の主流である、インプラント体(歯根部) とアバットメント(支台部)に使用されているチタンが、骨と結合することが発見されてからです。人間にとっては、食べるという行為は生存のための絶対条件です。そしてそのためには歯が欠かせません。インプラントによって歯肉と一体になった歯で食べることができるようになったんですね。

TAG : インプラント セラミック チタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。