スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インプラント治療が適合する人しない人

インプラント治療が適合する人しない人

インプラントによって顔のラインが美しく見せられたり、インプラントの方がが耐久性や美しさがあっても、誰でもインプラント治療が適合する訳ではありません。インプラント治療は、れっきとした歯の手術ですから、例えば、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてから間もない人などは、手術はできません。また、手術による出血がありますので、糖尿病や血液疾患のある人には、インプラントはできないのです。病気のある人は手術に耐えられるかどうかを、主治医の先生に相談してください。その際に、病気の治療をしている医師と、インプラント治療を受けようと思っている歯科医師のどちらに相談するべきでしょうか?それは、インプラント治療を受けようと思っている歯科医師ではなくて、病気の治療をしている医師に、インプラント治療を受けてもいいかどうかと、相談して見てください。一方、インプラント治療に適合している人は、そういった病気が無くて、入れ歯や差し歯が動いたり、よく外れる人なのです。また、入れ歯の着脱が面倒な人や、入れ歯や差し歯では歯ぐきが痛んでものを良く噛めない人や硬いものが食べられない人などです。こういった人は、歯のかみ合わせなどが合っていないのです。その点インプラントは歯や口、顔の形に合った手術を行いますので、インプラントの方が快適な食生活を送ることが出来ます。
スポンサーサイト

インプラント治療医の探し方

インプラント治療医の探し方

高度先進医療であるインプラント治療ではインプラント治療が完結するまでに、何ヶ月もかかることがあります。インプラントで歯科医院に通う回数は、最短で3回程度の場合もありますが、これは症状によってもかわります。出来る限り、経験豊富な歯科医師を選ぶことが賢明です。小さなクリニックによっては非常勤の医師がインプラント治療を行う場合もありますので、注意が必要です。必ず、担当歯科医師の確認をしておきましょう。しかし、大規模な歯科医院の場合は、逆に担当医が良く替わったり、研修医や若い歯科医師のトレーニングの対象になってしまう場合があります。高いお金を出してインプラント治療をするのですから、後悔しないようにしましょう。経験豊富な歯科医師かどうかを調べる方法があります。インターネットで検索するのです。「インプラント○○○○」とか、「インプラント治療○○○○」とか、「インプラント 専門 ○○○○」で検索してみてください。インプラントで実績のある歯科医師なら出てきますよ。

TAG : インプラント 治療医

インプラントのロスト(脱落)

インプラントロスト脱落)について
インプラント脱落については、様々なデータがあります。データ的にはインプラントを200本埋め込むと5本は定着せずに脱落してしまいます。インプラントロストの原因として考えられるのは、1歯周病等の歯の病気感染です。2上部構造、つまり、歯肉の上に出ている人工の歯に対する過重負担です。3やけど、インプラントを埋め込む時に、歯の骨にドリルで穴を空けますが、その穴あけの際の発熱によるやけどでインプラントが定着しない場合があります。ですから、インプラントに接する歯骨をドリリングする時は、低速でドリルを回転させてできるだけ高温にならないようにする必要があります。インプラント周囲炎は、インプラントが脱落する一番の原因です。インプラントも本物の歯と同じように歯周病に感染することがあります。そうすると、インプラント本体はチタンですから大丈夫ですが、インプラントと結合している本物の歯骨が歯周病になってしまいます。インプラントを入れて定期的な検診やケアをしないで放置していますと、歯周病によってインプラントが脱落してしまう可能性が高くなります。これを予防するには、先ほども書きましたが、定期検診と歯周病にならないようなケアが一番です。チタンでできているインプラント自体は半永久的ですが、人間の骨は感染したり、年齢の経過によって衰えます。インプラントの寿命はについては、インプラントがある程度普及してから40年経ちますので、平均的なデータはあります。ただし、インプラントを装着した個々の人のインプラントの寿命は、それぞれの個人の遺伝的性質やライフスタイル(生活習慣ですね)に大きく左右されます。平均寿命は分かっていても、個々人が平均まで生きるかどうかはわからないのと同じです。

TAG : インプラント ロスト 脱落

インプラント治療と医療費控除

インプラント治療による治療費や診査費は医療費控除の対象となります。
インプラント治療をした場合は、医療費控除の確定申告をしてください。インプラント治療費が30万円であったとしたら、確定申告をすることによって、少なくとも2万円、インプラント治療費が50万円であったとしたら、少なくとも4万円は所得税が還付されます。
医療費控除とは自分自身や自分の家族が、1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が10万円を超える場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。医療費控除は、所得金額から医療費控除の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。医療費控除は、本人の医療費だけでなく、家計が同じなら配偶者や親族の医療費も対象となります。また、共働きの夫婦の場合で、妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できますから、収入の多い方で医療費控除の確定申告を行えば、それだけ戻ってくる金額が多くなります。医療費控除の対象となる医療費とは、納税者本人又は本人と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費である事。その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費である事。が必要です。 控除を受けるための手続は、医療費控除の確定申告書を提出してください。その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も必要です。
医療費控除を受けて還ってくる金額は、(医療費の合計額-保険金などで補てんされる金額)-10万円(または、所得金額の5パーセントのうち多い方)=医療費控除額です。
病院までの交通費も控除の対象となるので、日時・病院名・交通費・理由をメモしておくことや、医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、領収書等は大切に保管しておくことも必要です。ただし、車で通った場合の駐車場代やガソリン代は控除の対象となりません。 控除できる金額の上限は200万円までです。

TAG : インプラント 医療費

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリット
歯が抜けた場合の治療法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。違和感というものは、どの治療方法でも最初は必ずありますが、歯の神経は鈍感ですので、すぐに違和感はなくなります。入れ歯、ブリッジとインプラントの一番の違いは健康保険が適用されるかどうかです。健康保険の範囲内で歯の治療をしようとすれば、入れ歯かブリッジになります。一方で、健康保険の適用外でも構わないとなれば、歯科医はインプラントを薦めます。その理由は、勿論インプラントの方が利益も大きいですし、患者さんにとってもメリットがあるからです。入れ歯かブリッジですと、口もとの表情が変わったり、食感や味覚が変わったり味気なくなったりします。そして、加齢による歯肉の衰えや、金属の変形・劣化により、作り直しも必要になります。 人工歯根を使うインプラントであれば、そうした問題は解決されます。 口もとの表情が変わらず、時間の経過とともにチタンと歯骨の結合により自分の歯として使うことができます。 ここで、メリットとデメリットを比較しましょう。 メリットは、噛み合わせが持続し、総入れ歯よりも噛む能力を回復できます。自然の歯に近い機能が期待できます。適切なケアをすれば充分長持ちします。万一抜け落ちてしまっても付けなおせます。取り外しの必要がない。違和感がない。インプラントが顎の骨に直接力を加えるので、顎の骨が痩せるのを防げる。 デメリットは、費用がかかる。

TAG : インプラント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。